メルカリ攻略wiki

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリ攻略wiki

メルカリ攻略wikiは、メルカリに関連したことをまとめたサイトです。メルカリガイド、攻略法、まとめなど。

メルカリで商品が売れない原因とその対策

メルカリで商品が売れない原因とその対策について、解説していきます。

メルカリで商品が売れない原因

「せっかくメルカリを始めたのに商品が全く売れない」なんてことありませんか?

メルカリで商品が売れないときは、売れない原因があるからなんです。

原因:商品名、説明の情報不足

メルカリで商品を調べるときは、必ず検索をすると思います。

メルカリの検索結果に表示されるためには、「商品名」と「商品の説明」に検索されるキーワードが入っている必要があります。

「ワンピース」と検索したときは、「商品名」と「商品の説明」のどちらかに「ワンピース」の言葉が入っていないと検索結果に表示されません。

「商品名」と「商品の説明」の情報が少ないと、検索結果に表示される確率も低くなります。

対策:商品名、説明を見直す

「商品名」と「商品の説明」に情報を多くしていくと、検索結果に表示される確率が多くなります。

検索結果に表示されることが増えれば、購入する人が見る機会も増えるので、商品が売れやすくなります。

売れない商品名、説明

  • 商品名が分かりにくい
  • 商品の説明が1行

売れる商品名、説明

  • 商品名、メーカーが書いてある
  • 商品の一般的な呼び方が書いてある
  • サイズ、カラーなどの情報がある

原因:商品写真の印象が悪い

メルカリで商品を検索している人が、一番最初にみるのが商品写真です。とくに商品写真の見た目は、大きな要素を占めています。

商品を購入する人は、商品を直接見ることができません。「商品写真」と「商品の説明文」で、購入するか判断しています。

商品写真は汚いより、綺麗なほうが売れ行きが良くなります。

綺麗な写真を撮る方法にはコツがあります。綺麗な写真を撮るといっても、プロカメラマンのように機材を用意して撮影しなくても大丈夫です。

対策:商品写真を見直す

「売れない商品写真」を「売れる商品写真」にするのは簡単です。

「売れない商品写真」には「売れない原因」があるので、それを改善すればいいのです。

写真が1枚しか登録していない
⇒ 別の角度の写真を追加する

商品全体しか撮影してない
⇒ 商品の細部を撮影する

このような感じで、購入する人が欲しい写真を追加していくと商品が売れやすくなります。

「売れない商品写真」を「売れる商品写真」をまとめて見たので、参考にしてみてください。

売れない商品写真

  • 商品写真が1枚しかない
  • 全体的に暗い
  • 何の商品なのか分かりにくい
  • 背景に私物が写っている
  • 商品以外のものが写っている
  • 写真のピントがあっていない
  • 写真がボケている

売れる商品写真

  • 商品写真が2枚以上登録してある
  • 全体的に明るい
  • ひと目で何の商品か分かる
  • 商品だけの写真
  • 写真のピントが合っている
  • 商品の細部まで撮影してある

 

メルカリを始めたばかりの人は、こちらの本がオススメです。